お金がない主婦の節約日記

私の節約法

rainbow

お金が欲しいと思った時

以前に岡崎の朝日新聞の関連の会社の事務のパートをしていてその時に会社の社長から会社を運営する資金や社員に支払うお金が足りないと言われ社長は貸したお金の1.5倍と利子を付けてお金を返済してくれると言ったので馬鹿な私は美味しい話しだと思いお金を貸す事にしました。

借りる方法としては私が持っているクレジットカードを利用してJR岡崎駅に行ってなるべく遠距離の往復の切符を購入してその切符を旅行会社に持って行ってお金に換えていました。

社長は最初の内は利子を付けて返済をしてくれたのですが次第に支払いがストップしてしまい困った私は岡崎の市役所に行きました。そうしらお互いが合意の上でした事なのでお金の返済は難かしいでしょうと言われました。

全額で300万借りました。その内の何社の分の返済は母がしてくれたのですが今も他社から借りた分が残っているので毎月のローンの返済をするのに苦労をしています。

お金が無くて困った時には母からお金を借りたり、友人がコンパニオンの仕事の社長をしているので年末になると会社の忘年会があるのでコンパニオンの仕事を週末に頼まれる事があって2時間で8000円貰う事が出来るので助かった事があります。

また以前に選挙の期日前の派遣のバイトをした事があって今年も衆議院選挙があったので人数が足りなかった様でまた仕事をして欲しいとの電話があったので私はなるべく自宅の近くの選挙場所を選んで2時20分から8時20分迄の6時間のバイトを2週間で6回したのと当日の選挙のバイトを朝の6時半から15時半までした事があります。

時間給は1000円だったのと比較的に仕事が楽だったので助かりました。また、私は服や雑貨類やお菓子の材料を購入する事が多いのでそのお金を工面するのに困ってしまう事があります。そういう時にはお金が欲しいと思います。

そもそも簡単に人を信じてお金を貸してしまった自分が悪いんですけどね。結果的に、お金を貸した自分自身が無くなり、借りるハメになってしまいましたからね。

クレジットカードの支払いもできなくなり、本当に困りましたよ。(カード支払えない

あれ以来、人にお金を貸すのは絶対に止めようと心に誓いました。「絶対に○○には返す」なんて言葉は信用できません、というか信用してはいけませんよ。

サラダ

昨日のご飯、、、コレだけです。節約は辛い・・・。

インターネットで消費者金融のコチ込をチェックしておきましょう。

今となっては消費者金融系の会社に申し込みを行うのに、インターネットを利用する人も多くなっているので、消費者金融を取り上げた口コミサイトや、見やすい比較サイトも数えきれないほど見かけることができます。
基本は、最大手の消費者金融業者では、年収の額の3分の1を超える債務があれば、貸し付けの審査を無事に通過することはないですし、借受の件数が3件以上になっていても同じです。
融資を申し込む場所については結構悩むと思いますが、可能な限り低金利で借り入れをする場合は、昨今は消費者金融業者も可能性の一つにプラスしてはどうかと真剣に考えています。
柔軟な姿勢の審査で受け付けてくれる、消費者金融系列の業者一覧です。他の業者が通らなかった方でも諦めたりしないで、とりあえずは一度ご相談ください。違う会社からの借入の数が多いという人に向いています。
銀行系の消費者金融会社は、極力融資を行えるような自社特有のやや低めの審査基準によって審査を実施するので、銀行でのカードローンがうまくいかなかった方は、銀行の系統の消費者金融会社を試してみてください。

 

「あと一歩で給料日!」といった方向けの少額の融資では、金利無料で利用できる見込みが大きくなるので、無利息となるスパンのある消費者金融をできるだけ有効に活用しましょう、
限度額、金利、審査の難易度など多くの比較事項がありますが、率直に言えば、消費者金融業者の間での融資金利や借入限度額の差自体は、この頃ではおおかた認識されないも同然と考えていいでしょう。
単純にインターネットで公式に発表されている金利の情報をお届けするだけでなく、利用限度額と比較して、多くの消費者金融の中のどこが一番合理的にかなりの低金利で、お金を貸してくれるのかを比較しております。
ごく一般的な消費者金融業者の場合ですと、無利息で融資が受けられる期間はなんとか1週間前後であるにもかかわらず、プロミスの場合ですと最大で30日も、無利息という理想的な条件でキャッシングをすることができるのです。
とっくに二カ所以上に借受が存在したら、消費者金融会社の審査の結果、多重債務者と認識されることになり、審査を通り抜けることは相当難しくなってしまうのは不可避です。

 

金融会社からの初の借り入れで、どこが低金利かを比較することが最適な方策とはならない、と言ってもいいでしょう。自分から見てとびきり信頼できて、堅実な消費者金融を選びたいものです。
著名な消費者金融業者だと、リボによる支払いを使うと、15%~18%もの年利となるなど思ったより高金利なので、審査がさほどきつくない会社のキャッシングやカードローンをうまく活用した方が、お得ということになります。
より低金利になるところへローンを借り換えて、更に低い金利を実現することも適切な方法です。もちろん、スタート時に他よりも低金利に設定されている消費者金融会社で、お金の貸し出しをしてもらうことが最も適切な方法であることははっきりしています。
審査の緩い消費者金融についての比較サイトです。借りることができなくても、却下されても悲観することはないのです。低金利で借りられるローン会社をピックアップし、効果的にお使いください。
消費者金融から借り入れをする際に興味をひかれるのは金利の関係ですが、多数の口コミサイトを眺めると、各金融業者の金利や最適な返し方などを、丁寧に書いているところがとても多くあります。

僕は昔学生ローンを利用してどうしてもサークル費の支払いができなかったのでお金を借りて支払ったことがあります。アルバイトをしていたので学生でしたがお金を借りることができました。借入できる額は少ないですが、十分助かりましたね。※学生でも借りれるローン※カードローンを賢く利用する為に!

 

 

 

主人に内緒でへそくりをしています

現在、毎月コツコツとお金を貯めるべく、ヘソクリをしたり、節約をしています。
節約方法は、至って普通なのですが、まずは電気、水道、ガス代をなるべく抑えるように努力しています。

我が家では、ほとんどの電気を白熱電球からLEDへと変更しました。
白熱電球に比べて、LEDの方が高単価なので、最初はお金がかかるのですが、電気代は安いし、寿命が長いので、

初期投資だと考えて、洗面台とガス代上の電気以外は、全てLEDへと変更しました。
実際に、変更する前と変更後では、月に600円から1000円ほど電気代を安くすることが出来ています。

また水道代の削減は、洗濯物をまとめて洗うようにして、出来るだけお風呂の残り湯を使用して洗濯しています。

お風呂も、浴槽に溜めるお湯の量を一番少なく設定していて、なるべく家族全員で一度にお風呂に入るようにしています。
それだけで追い炊きをする回数が減るので、ガス代も削減することが出来ます。

また、これは一般的な節約方法ですが、使用していない部屋の電気や暖房、冷房はこまめに消すということを心がけています。

ただし、暑さや寒さを必要以上に我慢していると、心が貧しくなりますので、適宜必要に応じて暖房も冷房も使っています。

その方が、体調を崩すことなく生活できるので、病院受診にお金を使うことがないので、結果的に節約へとつながります。

また、お肉を買う際には、一度に大量に買って、自宅に帰ってきてから自分で小分けにして冷凍保存しています。

その方が、グラム単価が安く買えることが多いので、セール日にまとめて買うようにして、食費を抑えています。

そして、毎月コツコツと節約する以外にもヘソクリをして、お金を貯めています。
主人は、毎年4回ボーナスがありますので、ボーナス月には1万円、それ以外の月には5000円、別の口座へ移して貯金しています。

それを続けると、年間8万円貯めることが出来ますので、結婚記念日や子どもの学費、家族旅行などに充てようと考えています。

節約をすると、専業主婦の私が自由に使えるお金が増えますので、気持ちも豊かに余裕が生まれます。
先々のことを考えて、貯金するのも余裕が生まれるので、生活の幅が広がって良いです。